【部屋を広々使おう】最良の二段ベッドを探すポイントを紹介

購入する時は事前確認

寝る人

採寸し想定設置しよう

二段ベッドを購入する予定の時は、実際設置する部屋を採寸しましょう。部屋の幅・奥行・天井高さを確認し、そのほかの机・椅子・本棚・洋服タンスなどをどのようなレイアウトで設置可能か事前に検証しましょう。また、実際の荷姿寸法と玄関や部屋のドアの幅や高さ、廊下の幅や曲がり角の有無。マンションであればエレベーターの箱内寸法などを入念に確認し、各部材が搬入可能か確認しましょう。実際、部屋の天井高さが低くて、上段に寝てる人が起きると、天井に頭がぶつかるようなことが無いように注意したいものです。長い部材は2mちょい有ると思いますので、その部材が搬入できないと組み立てができなくなります。二段ベッドは意外と大きいものです。設置したら、こんなはずではなかったということが起きないように、よく確認してください。また将来の使い勝手変更も視野に入れると、より汎用性が高くなります。例えば、将来は二つの部屋に分かれて使用することが想定されるのであれば、二つの部屋の寸法を確認しなければなりませんし、その時に解体することも考慮しておかなければなりません。解体し搬出・移動、別の部屋に搬入・組み立て・設置が可能なような通路・スペースも確認しおく必要があります。あと、二段ベッドとエアコンの位置関係を確認しておく必要があります。当節の夏の暑さは尋常ではないので、どうしてもエアコンが欲しくなります。エアコンは通常天井付近の壁に設置しますが、エアコンの風がもろに当たる直近に二段ベッドがあるとエアコンの容量や風向きや風量などに考慮しなければなりません。